安孫子 百恵

LIVE LOVE LAUGH
ドレススタイリスト
安孫子 百恵 2015年入社

“THROUGH CLOTHING, I WANT TO CREATE HAPPINESS FOR PEOPLE.”
FROM AN APPAREL SALESPERSON TO A DRESS STYLIST.

「洋服で人の幸せを実現したい」
アパレル販売員からドレススタイリストへ。

WORKS仕事

表面的な美しさだけではない、その人なりの魅力を引き出す。

小さな頃から洋服が大好きだった。親が着る服を選んでいた子供の頃は、気に入らない服を渡されると絶対に着ないで選び直してもらう子だった。学生の頃は、当然のようにアパレルでアルバイトを始めた。そのうちに、「もっと一生に関わる仕事がしたい。お洋服で、人の幸せを実現したい」という夢が生まれ、ブライダル業界へ。

「記念日の服って絶対に忘れないでしょう。写真に撮って一生残るものですしお客様も真剣そのものです。何着か試着して一番似合うドレスに当たった時は、ぱあっと表情が明るくなるんです。その顔を見ると、この仕事を選んでよかったと心から思います」
学生時代のアルバイトでは、販売ノルマが厳しくお客様に買わせよう買わせようとしていたかもしれない、と振り返る。しかし今は、先輩方から「お客様に寄り添った接客をするように」と教えられている。

「その教えが身についてから、接客に対する考え方が変わりました。『お客様の本当に望むものを提案していく』ことを大事にしています。LIVE LOVE LAUGHのドレスは250着以上。その中から自分にとって最高のドレスを選ぶのですから、お客様も大変です。”着たいドレス”がある方はもちろんですが、何もイメージのない方もいらっしゃいます。でも、”ドレス”に対しての希望はない方でも、”結婚式”そのもののイメージを持っている方はとても多いものです。例えばロマンチックにしたい、格式張らないカジュアルな式にしたい、など、思っていることを伝えていただければ、そのイメージ以上のドレスを提案させていただきます。豪華な総レースのクラシカルなドレスから、都会的なエンパイヤラインなど、多彩なドレスを扱っていますから。」

先日、職場でドレスのデザインコンペがあった。5チームにわかれてドレスをデザインし、選ばれたものは商品として実現化するもの。
惜しくも落選してしまったが、新しい夢もできた。
「自分のデザインしたドレスでお客様に幸せになってもらったら、どんなに嬉しいことでしょうか。次こそは実現したいと思っています。
そのために、今はデザイン目線でドレスの勉強をしています。すごく充実した毎日です!」
センスを上げるための学びには正解がない。自分なりに「良い」と思うものの知識を増やし、積み上げていくしかない長い道のりだ。
今はまだスタート地点。夢に向かって少しずつ、歩みを進めている。

ONE DAYある1日

美しいものに触れる、上質な時間。
ゆっくり作品と対峙し、自分を磨く。

美しいものに触れるのが大好きで、時間がある日は美術館やミュージカル鑑賞などに赴く。1人で行動することにもまったく抵抗はない。置かれた作品が、舞台の上では演者が、生き生きと躍動して自分の心に迫ってくる様をじっと見つめる。作品と対峙する時に自分の心と向かい合い、作品と対話する。この醍醐味は、1人でなくては味わえない。

「この作品に織り込まれた想いや素晴らしい声の響きなどに圧倒されます。そうして作品と向かい合っていくうちに、自分が”美しい”と感じられるものが選びとられていきます。これが、自分なりの感性を磨くことにつながると思うんです。今はとにかくセンスを磨きたい。仕事にも役立つと思いますが、それが人としての成長にもつながると思っているんです」

FAVORITEお気に入り

デビューの日に先輩がくれた
1本のボールペンは大切なパートナー。

スタイリストとしてデビューする際に先輩からもらった名前入りのボールペンは、大切な宝物。常に身につけて使っているため愛着があり、守ってもらっているような安心感がある。

「まだまだ仕事で緊張することも多いのですが、このボールペンを使う頻度が高いので、その都度先輩を思い出して落ち着くことができます。今や仕事になくてはならない、大切なパートナーです」
思い出と共に渡された記念のボールペンは、手にするたびに“見守っていてくれる誰かがいる”と、心に暖かい火を灯してくれる。

OTHERS PEOPLEその他のスタッフ